メイク落としの種類

メイク落としの口コミランキング

メイク落としの種類には、オイル・ジェル・クリーム・ローションなどいろいろなタイプがあります。

メイク落としTOP > 種類

メイク落としの種類について

メイク落としと一言にいっても、形状によってさまざまな種類にわかれています。

最も一般的な種類としては、オイルタイプ・ジェルタイプ・クリームタイプ・ローションタイプなどが挙げられます。

それぞれの形状は、洗浄力の強さや使い心地、肌への刺激性などが異なるため、自分の肌質やメイク、好みなどからぴったり合うものを選ぶ必要があります。

ここでは、メイク落としの種類とその特徴を紹介します。

オイルタイプ

最も一般的なメイク落としです。油分をベースとしており、同じく油性のメイクとなじみやすく、非常に洗浄力が高いところが特徴です。

落ちにくいメイクもするっと落としてくれるので、しっかりメイクや崩れにくいタイプのコスメを使っている方はオイルタイプがおすすめです。

ただ、洗浄力が強い分、肌への負担も大きく、メイクと一緒に肌を守る皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。

クリームタイプ

オイルタイプに次いで洗浄力が強いメイク落としです。

海外ではクリームタイプの拭き取りタイプもよく使われますが、日本では多くの場合、最後に水で洗い流します。

オイルタイプに比べて肌への負担は少ないですが、メイクとのなじみ方はやや劣るため、しっかりメイクを落とそうとすると、逆に時間がかかってしまうという欠点があります。

ジェルタイプ

たれにくいテクスチャでメイクを絡め取って落とすタイプです。

オイルやクリームに比べて使い心地がさっぱりしているので、油分のベタつきが苦手な方に人気です。

ただ、メイク落としとしての洗浄力はあまり強くなく、しっかりメイクは念入りになじませないと落とせない可能性があります。

ちなみに、オイルタイプをジェル化した商品もあり、こちらはオイルタイプとほぼ同等の洗浄力を持っています。

ローションタイプ

他のタイプと異なり、コットンなどに含ませてメイクを拭き取るタイプです。

通常、水分の多いローションはメイクの油分となじみにくいのですが、そこに親油性(油となじみやすい性質)と親水性(水となじみやすい性質)の両方を持つアルコールを加えると、メイク汚れを落とせるようになります。

ローションタイプは最初から専用シートに含ませているものが多く、『拭き取りタイプ』として販売されているものが一般的です。

シートタイプなので携帯しやすく、水がないところでも使えるところが便利ですが、シートでこすって拭き取るという作業そのものが肌に負担をかけるところが難点です。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) メイク落としの口コミランキング All Rights Reserved.